<< コーヒー価格改定のお知らせ | main | 送料改定のお知らせ >>
フィリピン珈琲事情(3)
0
    今回ここへ来るきっかけは、福岡「美々」のマスター森光老師にサンプルで送られてきた、「スウィート珈琲」に魅せられたからである。



    そのとき3種類の珈琲のサンプルが来た。



    「アラビカ」「スウィート」「カチモール」



    ずいぶん変わった区別のしかただなと思った。





    しかしペペの話で何故かわかった。

    実はこれらは、ここミンダナオ島ミヤㇻヤン村に珈琲が入ってきた時期に起因する。



    「アラビカ」と呼ぶのは昔、ペペの4代前の世代に村に入って来た。



    「スウィート」は1980年位に30分ぐらい離れた隣村から入ってきた。



    「カチモール」は最近、5年くらい前から国が推進している珈琲政策の一環で導入されたもの。



    ここで驚いたのは農民がよく珈琲を飲んでいるということ。

    しかもうまい。

    やかんに珈琲の粉を入れ、後で濾すのだが、うまい。

    1日2回おやつつきのコーヒータイムがあり、滞在中もバナナチップ、サトイモのふかしたもの、大学いも、バナナの揚げたものなど毎日でてきた。









    客人がきたからということで、特別料理だったのかもしれないが、どれもおいしい。







    一旦昼食にもどり、午後からは農民の家の前でつくる、小さな珈琲園(ガーデン珈琲)を見て回る。







    ここは案内をしてくれるTさんが教える学校の近くだが、昨年ゲリラが出没した地域で、危ない場所だ。あまり感じないが、きっと危ない場所。



    いろいろな家の「スィートコーヒーの木」だが枝ぶり、色、樹勢どれも違う。

    自然栽培なので収穫量も違うだろう。

    中には軽くさび病にかかっているのもあった。



    案内してくれたI氏によれば、自然のものであれば(人の手を加えていなければ)あまり広がらない。問題ないとのことである。

    (しかしフィリピンは過去にさび病で大きな被害を受けている)



    急に取れなくなったり、赤く熟さないものがあると農民はいっていた。

    今後どうなるのか?





    チェリーを収穫









    焼いて飲んでみたい衝動に駆られた。



    「よしそれじゃ焙煎しよう」と、2年前の「スウィート珈琲」のパルプドナチュラルを焙煎することにした。



    近くのお婆さんに頼んで、脱穀するものをもってきて家のまえで脱穀。





    パーチメント





    脱殻



    焙煎は森光老師がフライパンで焼くスペシャルバージョン。











    20分かけて焼き、そのあと老師みずから持参したポット、ミルを使い、ネルドリップで落とす。



    ほどよい酸味がなんともいえない。



    いつも老師の珈琲と違うが、がうまい。


    | とまらないっ!繁田のマシンガントーク | 17:11 | comments(0) | - |
    スポンサーサイト
    0
      | - | 17:11 | - | - |
      コメント
      コメントする