CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
PR
MOBILE
qrcode
<< フィリピン珈琲事情(小休止) | main | コーヒー価格改定のお知らせ >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - |
    フィリピン 珈琲事情(2)
    0
      2月4日



      村で一番の家に泊めてもらうことになったのだが、

      この家はいろいろ案内してくれたTさんの義理の兄(大工さん)の家。





      コンクリートの土台、それぞれ分かれた部屋。

      他の高床式の家に比べ非常に快適。





      しかし電話の通信レベルは低く、インターネットも電話もつながらない。

      ここでインターネット、電話、お酒のない生活を、3日間することになるのだが、食事はおいしいし、農家めぐりの山歩きは健康的な生活で苦にならない。



      きれいに晴れていた景色が瞬く間に霧に包まれ、また晴れる。

      山と山の間に霧が生まれ、雲が流れる。



      実はこの山は父親の山と母親の山と呼ばれ、この霧や雲は子供みたいなものみたいだ。



      家の前にある「スウィート珈琲」にご対面。

      今まで見たことのない枝ぶりだ。45度の角度で上に枝が伸びる。







      上へ上へ伸びるので自然と木は高くなる。



      「45度の角度」がすべて「スウィート珈琲」というのもちょっと違うような気がするが、あきらかに今まで見たことないような珈琲の木。



      粒が小さく、おそらく収量も少ない。

      (豆の数は多いようだがチェリーから豆になる率は8.5%)



      木は上へ、上へと伸びる。最後はエチオピアのジェルジェルツーで見たようなラダー(はしご)を使ったり、子供に登らせたり、木を引っ張って収穫している。





      朝食後、昨日行ったダトゥーペぺの家に20分ぐらい歩いて行く。



      「カチモール」を中心に栽培しているが、「スウィートコーヒー」の苗を作っている。すべて自然栽培。







      たしかに苗は虫食いが目立ち、若干のさび病もある。

      彼らは自然栽培ですべての農業を行っている。



      家の裏手に広がる珈琲園を見せてもらった。



      ペぺの親戚もみなさんもZさんとTさんも、珈琲つくりに取り組む姿勢はすばらしい。





      | とまらないっ!繁田のマシンガントーク | 19:20 | comments(2) | - |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 19:20 | - | - |
        コメント
        素晴らしいコーヒーでした。
        ありがとうございました。
        | Kaz KAWAHIRA | 2015/03/10 9:34 PM |
        Kaz KAWAHIRA 様

        コメント下さりありがとうございます。

        私たちスタッフも貴重なコーヒー体験を楽しみました。

        またのご利用を心よりお待ちしております。
        | カフェ・ド・カルモ | 2015/03/16 4:04 PM |
        コメントする