CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
PR
MOBILE
qrcode
<< 下坂さんへのラブレター | main | 下坂さん来店! >>
vol.6 名門グループを破門になった男!浅野嘉之
0
    いままでランブル、モカと自家焙煎御三家の二つをとりあげたが

    やはりバッハも日本の自家焙煎珈琲店に与えた影響は大きい。



    日本最大自家焙煎珈琲グループといわれる「バッハグループ」。

    率いる田口氏はグループ内ではほとんど教祖的存在!

    そんなグループの重鎮だったのが浅野嘉之。

    はじめて会ったのはもう30年も前の奈良だった。



    私は友人のスーパーの店頭で珈琲豆を焙煎していた。

    そこに変わった男がいると聞き、

    わざわざ大阪からきたのが浅野だった。



    当時大阪池田市で自家焙煎珈琲店を経営していた彼は、

    バッハグループの中心人物で、焙煎理論、抽出技術では超一流。

    駆け出しの豆屋だった私にとっては雲の上の存在であり、

    とても近づける相手ではなかった。



    しかし二人とも変わっていて、

    豆に対する思いは同じだったので意気投合した。



    当時関西ではあまり高級な豆は使われていなかった。

    そんななか彼は「カルモシモサカ」を使用した。



    店は繁盛していて、その後パティスリー、レストランを次々に開業。

    あまりに多くのことを手がけ、話題になった。

    またグループ外から豆の仕入れをしたということでグループから破門される。



    やりすぎて破門になったのだ。



    その後、神戸の震災で被害を受け、

    事業は縮小してゆく。



    紆余曲折を経て、

    ある投資家から誘いを受け、東京でカフェを開業。



    2店を開業、繁盛させるもサブプライムで投資家が破たん。

    東京の店は閉店。



    そんなとき上海で数十年ぶりに再会。

    なんとか一緒に仕事をしようと、

    7月より自家焙煎珈琲店

    「CAFE RICO」(神奈川県伊勢原市石田318)の再生支援を一緒にしている。

    この模様は今月号のカフェ&レストランに掲載される。



    浅野の店(讃喫茶室)は宝塚近くの逆瀬川にあるが、

    単身上京カフェ再生にかけている。





    浅野 嘉之氏

    CAFE RICOにて
    | とまらないっ!繁田のマシンガントーク | 17:10 | comments(0) | - |
    スポンサーサイト
    0
      | - | 17:10 | - | - |
      コメント
      コメントする