CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
PR
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - |
    10月1日はコーヒーの年度が切替わる「コーヒーの日」です!
    0
      ★10月1日(日)はカルモへGO GO!★
      
      いつもカルモをご利用いただきありがとうございます。
      
      
      10月1日はコーヒーの年度が切替わる「コーヒーの日」です。
      
      コーヒー生産量世界1位のブラジルでは、
      9月末ごろに収穫が終わることから、
      10月1日がコーヒーにとっての新年度とされています。
      
      日本では涼しくなってきて、ホットコーヒーが一段とおいしくなる季節になりますね♪
      
      この日を記念して、
      今年もカルモでは皆様にプレゼントをご用意致します!
      
      気軽に美味しいコーヒーを飲んで頂きたい、との思いを込めて…。
      10月1日にご来店頂いた方全員に、
      ドリップパック2個をプレゼントします!!
      
      1つは夏にブラジル視察に行っていたオーナーが、
      ブラジルから持ち帰った新豆で作るドリップパックです!
      数量限定のレア豆で、もちろん非売品です!
      
      もう1つの豆は…見てからのお楽しみ…です!
      
      ネットショップのお客様にもプレゼント致します!
      10月1日19時までにご注文下さい。
      
      ドリップパックは充分な数を用意しておりますが、
      無くなり次第豆の種類が変更になることがございます。
      ご了承下さい。
      
      今年のコーヒーの日は日曜日!
      みなさまのご来店、ご注文を心よりお待ちしております。
      | コーヒー | 15:38 | comments(0) | - |
      コーヒーの新豆
      0

        秋のセールと産業祭が終了しました。

        今年は、同日開催にしたため、戸惑ってしまったお客様もいらっしゃったのではないでしょうか。。。

        両会場に来てくださった方も多くいました。

        ご来店ご来場、誠にありがとうございました。

         

        少し早めに、大きな行事が終わり、

        今は、冬ギフトやクリスマスブレンド発売に向け動き始めました。

         

        毎月のイベントや行事を考えながら日々過ごしていると、

        一年はあっという間に過ぎていきます。

        皆さまはいかがでしょうか。

        そろそろ、今年を振り返る時期が近づいていますね。

        カルモの冬のイベントはもう少し続きますので、お付き合いください。

         

        さて、今後の豆の入荷予定です。

        「新しいコーヒー豆は入ってこないの?」とよく聞かれる今日この頃です。

        ボージョレヌーボーは解禁され、お蕎麦屋さんには「新そば」の貼り紙をよく見かけます。

         

        コーヒーも・・・

        ブラジルとペルーから、もう少しで今年の新豆が入荷いたします!

        お客様からのお問い合わせも多いせいか・・・

        この前、「コーヒーの新豆がつまった麻袋が、いかだにたくさん積まれてやってくる夢」を見ました(笑)。

        いかだに積まれてくるわけないのですが、海の向こうから、コーヒーを積んだたくさんのいかだが、

        岸の方に向かってきて、私たちスタッフは小高い丘の上からそれを見て、夢の中で感動して泣いていました(笑)。

         

        今か今かと、毎年ワクワクし始める時期です。

         

        ブラジルは12月頭頃、ペルーは12月終わりもしくは年明けの発売を予定しております。

        船でやってくるので、天候などにより発売日は前後する場合がございます。

        大変お待たせしており申し訳ございません。

        もう少しお時間頂きます。

         

        9月に行われたコーヒーの祭典で、「ペルーインカの香り オルキデアタカハシ」を作っている高橋さんとお会いしました!

        今年の新豆は、上品な酸味が出ていて、甘みと絶妙なコンビネーションになっているそうです。

        どの焙煎度合いでおすすめするか、私たちも楽しみです♪

        真ん中が、カルモがいつもお世話になっている高橋克彦さんです。

         

        新豆発売までもう少し、お待ちください。

         

        そのほか・・・

        ひそかに長い人気の雲南省ヌージャンリューとドミニカのワイニーがもう少しで完売いたします。

        (ドミニカワイニー完売しました)

        次は、グァテマラのワイニーやハニーが入荷する予定です。

        時期が決まりましたら、またお知らせいたします。

         

        | コーヒー | 17:17 | comments(0) | - |
        都内 珈琲散歩
        0
          3月上旬の天気の良い日に、朝から築地へ行ってきました。
          今年の11月に豊洲へ移転(場外は築地に残ります)ということで、場内をもう一度見ておきたいと思いました。
          魚河岸の中までは行かなかったのですが、一般客が入りやすい、飲食店が並ぶあたりをぶらぶらしました。
          移転というのも残念ですが、老朽化もかなり進んでいると聞きます。
          魚河岸で働く人たちの気持ちが汲まれた、新しい市場が完成するといいですね。
          働いている方の中には、ご高齢の方もいらっしゃるので、これを機に引退とかもあるのかもしれないですね。。。
          働くおばあちゃんの割烹着姿が、かわいかったです。
          結局、場外でラーメンと立ち食い寿司ビールを食べてました。
          場内の茂助だんごでは、ananにも掲載されていたお団子をお土産に買いました。

          この日は、ここからいろいろまわり、久しぶりに外でコーヒーを飲みました。
          大江戸線に乗って、清澄白河へ。
          清澄白河は、中学生の頃、深川めしを食べに来た以来かもしれないです。。。
          お客様から、よく聞かれたり、お話を聞いたりしていましたが、
          コーヒー屋さんがたくさん出来てから訪れるのは初めてです。
          一度は行っておこうという思いながら。。。

          まずはコーヒーではなく(笑)、新しくできたチーズ専門店「チーズのこえ」に行きました。
          北海道内で作られているチーズを扱っている専門店で、ソフトクリームソフトクリームも食べられます!
          モッツァレラチーズを買って帰ったのですが、
          カプレーゼにしたら、食感が良くて、とても美味しかったです!
          http://food-voice.com/

          そして、そのまま歩いて、清澄白河を有名にしたブルーボトルへ。
          表参道店に行ったことがあったので、外から見るだけにしました。
          平日のせいか(ブームが落ち着いたのか)、外には並んでいませんでしたが、
          中は混雑していたので、外からさっと眺めて退散。

          そこから、お目当てのコーヒー屋へ行く途中に、ARiSE COFFEE ROASTERSへ。
          http://arisecoffee.jp/
          店内はとても狭いのですが、店主の方がとても気さくな方なので、
          みなさんとても楽しそうに店主とお話をしながら、コーヒーを待っていました。
          趣味と珈琲で埋め尽くされた店内はとても狭いのですが、
          あの狭さがお客様には落ち着くのかな・・・と、カルモを思い出しました(笑)
          私が訪れた時は、先客4組7名(うち1名は赤ちゃん)。
          私を含め、大人7人・・・とりあえず、私は立って待ちしました。
          このお店は、浅煎りで焙煎した豆が5種類ほど並んでいます。
          喫茶もできますし、豆を購入することもできます。
          私はテイクアウトでドミニカ1杯ホットコーヒーと、ドミニカのワイニーを100g買いました。
          酸味のきゅんとくる、さわやかなコーヒーでした。
          喫茶は、ドーナツドリッパーを使って淹れてくれます。
          私も家に帰って、買ったコーヒーはドーナツドリッパーで淹れることにしました。
          少し多めに豆を使い、粗めに挽いて、さっとおとしてみました。
          程よい酸味と、ワイニーの独特な香りがやわらかく鼻に感じられました。
          スイーツもあるので、ご興味のある方は是非!
          ゆっくり座って飲みたい方は、本店から少し離れた場所に出来た
          新店舗のARiSE COFFEE ENTANGLEがいいかもしれないです。

          そこから百メートルくらい歩くと、ALLPRESS ESPRESSOがあります。
          「美味しかった」と聞いていたので、ここには行ってみたいと思っていました。
          以前、ビッグサイトで行われた喫茶ショーで、こちらのスタッフの方(日本人)とお話したことがあります。
          エスプレッソマシーンのことなど、いろいろお話して下さいました。
          http://jp.allpressespresso.com/ja/
          お店は、和洋折衷の、落ち着いた、雰囲気のある建物です。
          店内は土壁?と木で、天井は高く、落ち着いた空間で、個人的にはとても好きな造りでした。
          席数は多くないですが、近所にあったらいいな〜と思いました。
          私はコーヒーホットコーヒー(ブラジル)を、友人はカプチーノ。
          こちらのお店は、カリタのウェーブドリッパーで淹れてくれます。
          小さなカップと、残りはサーバーで提供してくれます。
          農園名は確認しなかったのですが、ブラジルを飲みました。
          焙煎は中煎りくらいで、飲みやすいホッとするコーヒーでした。
          雰囲気も良かったのですが、何より・・・イケメンに見とれてしまい・・・
          「来て良かった〜」と!
          大好きな、「卒業白書」の頃のトムクルーズに似ていました!!!
          余談ですみません。。。


















          そこから、合羽橋道具街へ。
          お買い物の途中、合羽橋珈琲でお茶をしました。
          珈琲屋で働いているにも関わらず、一日に何杯も飲めないので(ビールはいけんるんですけどね・・・)
          私は紅茶、友人がコーヒー、妹(合羽橋で合流)がハーブティーを注文しました。
          ここのお店も落ち着く雰囲気で、しかもカウンターに座れたので、ゆっくり腰かけて、ほっと一息できました。
          コーヒーは台形ドリッパー(三つ穴だったと思います)で淹れてくれます。
          淹れ方も、それそれだな〜と眺めながら。
          マイルドブレンドにしたのですが、結構しっかりとした味になっていました。
          http://www.kappabashi-coffee.com/

          珈琲散歩はここで終了です。

          この後は、銀座へ向かいました。
          夕飯は、行ってみたかった地ビールのお店「麦酒屋るぷりん」へ。
          http://beer-lupulin.jugem.jp/
          国産地ビールと国産ワインと、美味しいおつまみがあるお店です。
          店内は広くないので、訪れる際は予約したほうがいいかもしれないです。
          丁寧に説明をしてくれるお店の方の雰囲気もとても良かったです♪

          出不精でたま〜にしか西東京エリアから出ないので、どうしても一日でいろいろまわろうとしてしまいます。
          最後はもちろん、ライナーで帰宅です。

          これから桜のきれいな時期なので、桜を眺めながら、珈琲散歩もいいですね♪
          | コーヒー | 17:16 | comments(0) | - |
          「ア フィルム アバウト コーヒー 」を観てきました。
          0
             *コーヒーが好きな全ての人に贈る知られざる豆から一杯まで* の物語を描いた映画 
            「ア フィルム アバウト コーヒー」を観に行ってきました。

             映画の第一印象はとにかくコーヒーに関わる人々の熱い想い!! 

             生産者からバイヤー、自家焙煎店にたどり着くまで様々な行程を経て、それに携わる人々の良い豆を作ろうとする努力と熱意を、アップテンポな音楽とともに紹介していました。

             改めて自分たちの扱う豆に対しての愛着が深まり、これから出会う豆にたいしてワクワクしてきました。

             お客様にも、このワクワクをお伝えしていけたらと思います。

             書いてるそばからコーヒーが飲みたくなってきたなあ

             コーヒーに興味のある方、これから興味を持ちそうな方、一度ご覧になってはいかがですか? 

             

            http://www.afilmaboutcoffee.jp/
             
            | コーヒー | 17:57 | comments(0) | - |
            | 1/12PAGES | >>